FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えると、

どっちがいいのだろうかとつくづく思います。
何の話って?まぁ、同棲の話なのですけど。

今週、月曜から金曜まで幕張研修に行っていました。
その時のチームの中で、まぁ色々話をするわけですよ。
夕陽を見ながらする話は自然に濃い話題になるわけですよ。

---------------------------
「今、同棲しているんだけどさ。」
そこで、ある女性がこんな言葉を口にしましてね。
こちら(女性)も社会人になり立てで、向こうも同じ状況のようです。

「同棲してるの?そりゃいいんでないかなー。どんな感じなの?」
とチームの奴が言うんですけどね、

「いや。いい事ばかりではないんだー。お互いストレスが溜まってるし。
何をやっても、喧嘩ばっかりで。まぁ、仕方ないんだけどさ。」
と、その女性が返すわけですよ。

「確かにね。俺も考えないではなかったけど、まださ。
立つ位置が微妙って感じがして、見送ったんだけどさ。
今、したら良かったなと思ってたんだけど。…そうなんだ。」

「そうそう、やっぱりちょっと時間が必要なのかもしれないよ。
今はやっぱり、新しい環境になれるだけで一杯一杯でしょ?
そういう時には、…ね。いい事もあるんだけどさ。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」(一同、沈黙。思い思い、珈琲を。)

ってな風景があったわけですよ。

-----------------------------

正直、どっちもどっちというのがisi-okaの感想だったりします。
喧嘩するほど仲が…というものですし。ただ、大変ですよね。

大事なのは、お互いの距離を大事にする事だと思うのですよ。
同棲する事は素晴らしい事です。相手の事を心底知れますし。
まぁ、サイテーな所も覗けたりしますからね。
ホント、どうしようもないところも可愛くなりますからね。

ただ生活まで覗ける為、距離がとりづらくなる感じがします。
距離がわからなくなって、違和感が生まれる事もあるような。
それが積もり積もって爆発すると、良くない結果にも。
まぁ、互いの感性の問題だったりしますけどね。

まぁ、一長一短な部分がありますよね。
ぶっちゃけた話、「なんだ、こいつ?」という時も往々にしてあるでしょうが
そういう時のほうが色んな事に燃えたりしますしね。
…ボカしているわけでは…ないですよ。

ま、いいもんですよね。いつも身近にいるって事は。


-----------------------------
件の彼女は、そのうち仕事のストレスが減っていくだろうから
上手く行くと思いますけどね。…仕事しなくなるからではないですよ。
結婚してほしいな、と思いますね。何となくですけどね。
なんか、彼氏の事を話している顔がニヤけてましたからね。

チームの奴は、そのうち同棲するんじゃなかろうかな。
顔がいい感じにビジネスマンになっていますからね。
結婚するかどうかは、わからないのですけどね。

まぁ、ぼっとそんな事を考えながら夕陽を眺めていたisi-okaでした。
今日は、二発立てでお送りしたいと思います。

☆麻雀
今日は、一日ずっと麻雀していました。
結果は、「8-9-2-6」でした。あぁ、やりすぎてつかれた。
まぁ、リーチはかけ時が難しいのを改めて気付かされた感じです。
親倍に振り込みそうになった時は、焦りました。
振込みは、満貫までですんだのが良かったです。
印象的なアガリは、ハイテイで倍満上がったやつかな。
そんな感じで。

☆ダービー
今年はいい面子がそろいましたね。
どの馬も消す要素があり、抜ける要素があります。
こういうときは、スルーの方が楽しいと思うので見学します。
まぁ、ちょこっとは買いますけれどね。
メイショウサムソンは消す方向にしています。

という事で、さくっと書いてみました。isi-oka
ということで、二発目はこんなかんじでした。
バトンというものはあまり好きではないのですけどね。
まぁ、興味本位で作ってみましたよ。

「どーでもいいバトン」という名前にでもしておきますか。
まぁ、この世に必要=○、いらない(orどーでもいい)=×で。
理由なんぞも、書いてくれれば読者が喜ぶかもなぁと。

<ルール>
とりあえず、8個の単語を入れておくので
回答後に、回す人(1人)と1つ何かを指定して回す
回された人は元々の8個から一つ外して、7+1に答える、という形で。

回す人を一人にしたのは、あまり広がってもなぁ、という気持ちで。
勿論、拾って行く分には渡す側の気も害さないのでいいのかな、と。
単語を8個にしたのは…7&8が末広がりというのもあるし、
思いつかなかったのもあるのでw

それではいってみますか。


1.国境=×
必要ないと思います。というか、そういう時代になって欲しいです。
もちろん、愛国心など色々大事なこともあるのですけど、
それらを覆いつくすほどにマイナス面が多いような気がします。
なので、×で。

2.「江戸前」精神=○
この精神は残って欲しいです。日本の情緒が薫ります。
そして、戦前の日本に残っていた「気張り」の文化も目に見えます。
今の時代に対するアンチテーゼもこめて、是非残したいです。

3.「全力」という言葉=×
この言葉は要らないなぁと。この言葉自体が罪作りだと思います。
よくよく考えれば、始終「全力」を尽くしている人は、
実は「全力」を尽くしてはいないと最近思い始めました。
何がしかの緩みがないと、到底全力は出せないのかなぁと。

4.局アナ=×
いらないです。だって、女子アナはもうタレントだし。
緊急ニュース伝えるにしても、テロップだけでよくないか、と。
最近頓に女子アナのタレント化傾向が強くなっていますね。
だから、もういらないかと。もうタレントが原稿読めばいい、と。

5.マッチ=○
これも、残ってほしいものですね。なんか格好いいです。
タバコには不似合いですけど、葉巻にはライターは…。
あと、パイプにもマッチは必要ですしね。

6.「時間」という概念=×
これは必要ないです。ユビキタス社会になるにつれ、ですね。
おそらく近い将来、夜から働く社会人も増えるのではなかろうか。
そういうことも考えつつ、時間に対する盲目的な恐怖感もありつつ。
なんか、「時間」を意識するのってベクトルのようなもので
終点=死にむかって突き進む感じがするのですよね。
だから、いっそなくなっちまえ、と。

7.こたつ=○
家屋の洋風化が著しいですが、これは残ってほしいものです。
何か使うのに難儀するという事情はありますが、
時代を感じさせるのですよね。何かいいんだなぁ、と。

8.「恋」と「愛」の違い=×
これはいらないんじゃないですか。っていうか、違いってなんなのか?
語義とかは放って置いて、今の時代「恋」なんてないんじゃないか?
「純愛」とか普通に言うし、イマイチピンとこないなぁ。
という事で、だれそれかいてください。

と真面目に語った所で8個になりました。誰に回そうか・・・
というか誰かが拾っていくのを期待しつつ置いておきますか。
誰も持っていかないのもそれはそれで結構という事で。
もって行く人は、上の8つのうちの7つと、

………「ツンデレ」、でよろしくお願いしますw

以上、isi-okaでした。
5月は写ブログに言っていたのに、やめたのは携帯代のせいです。
当社費6割増って・・・。断念せざるを得ませんでした。


さて、話は変わってタイトルどおりOsumiさんの記事を見た所感を。
ちなみに記事の内容はというと、こんな感じです。

世の中には様々なコンピューター将棋ソフト(ルーチン)があり、
何年か毎にコンピューター将棋の頂点を決める機会が設けられてきた。
通常、研究費が入る+ますます開発に専念しやすくなる為
売る事を目的とした(目的になった)ソフトが勝つものなのだが、
今回、頂点に輝いたのはフリーソフトBONANZAだった…。
この現実が指し示す事とはいかに?


この記事を見て、感じたことをざらっと挙げて説明を。
・日本人ユーザーの志向の変化があるなぁ。
・近年のプロ将棋の変化が絶対にあるなぁ。
・製作側の変化があるのかもなぁ。←これ、割愛。

1.日本人ユーザーの志向

思えば、インターネットで便利になった時代。
無料でネット将棋が出来る時代になってます。
精出して金払って将棋センターで将棋するよりは、
いつでも好きな時に繋げるネット将棋が楽チンでしょう。
これと同じ構図がソフトの世界にも波及したのかなぁ、と。

つまり、一年に一回しか出ない有料のソフトを利用するよりは、
ある程度で更新版が出て、無料のそしてなにより
「所感を伝える事で、確実に修正しうる」無料のソフトを利用しよう、
という考え方のアマチュア強豪は多いんじゃないでしょうか。
プロならなおさらそういう話に聡いと思います。

という事で、フリーに乗り換える強豪アマが増える
→情報がますます集まる→修正が頻繁にされる→強くなる
→『東大将棋』とかの有料ソフトを超える強さが身に付いた
という形じゃないのでしょうか?

突き詰めれば、楽して強くなれればいいやというマインドで
今の日本人から「気張り」の文化がなくなった証左かな。
「江戸前」の心意気はいまや昔、ってことですね。
「エレガンテ」より、「コストパフォーマンス」な時代ということか、と。


2.現代の将棋の変化
私が認識する限りでは、「東大将棋」を始めとする有料系は
定石やプロの対局を遍くDB化し、そこから分析してさす思考をとり、
BONANZAは羽生さんの対局のみをDB化し、
そこから「羽生さんならこう指すかな」という確率論を軸にして
思考過程を組んでいるというものなはずです。

その認識の上に話しますが…
↑この認識、間違えていました。すみません、改めて書きます。

すいません、長くなりましたね。こんな感じですか。
今日は続いて2発目でも書こうかな…。悩みます。

とりあえず、ユーヴェがセリエC降格か…。
言いたい事は…、ブッフォンさん、サッカートトはいかんて。
あと、アニエッリ家はどうするのでしょうかね。

そんなかんじで、isi-okaでした。

Analyze myself.

ということで、巷で有名な「成分分析」をやって考えてみることに。


〈結果〉
isi-okaの成分解析結果 :


isi-okaの30%は赤い何かで出来ています。
isi-okaの22%は鉛で出来ています。
isi-okaの19%は魔法で出来ています。
isi-okaの14%は嘘で出来ています。
isi-okaの8%は苦労で出来ています。
isi-okaの5%は大阪のおいしい水で出来ています。
isi-okaの1%は砂糖で出来ています。
isi-okaの1%は株で出来ています。

(本名)の成分解析結果 :


35%は鉛で出来ています。
18%は成功の鍵で出来ています。
16%はやさしさで出来ています。
13%は勇気で出来ています。
10%はスライムで出来ています。
3%はミスリルで出来ています。
3%は毒電波で出来ています。
2%は蛇の抜け殻で出来ています。


面白いですね。まぁ、いずれにしても鉛が主成分なんですね。
熱すると溶けるし、アルカリや酸でも溶ける鉛ですか。
HNでも、本名でも何かゲームの要素が多分に入っていますね。

本名は成功の鍵、やさしさ、勇気、スライム、ミスリル、毒電波ですか。
成功の鍵ってなんなんですかね?既に使い果たしているような気もしますね。
毒電波は意外に少なめですね。とりあえず、蛇の抜け殻って、微妙です。

HNの方に、大阪のおいしい水と入っているのはびっくりですね。
大阪って美味いのか、水。と真面目に突っ込んでおきますか。
あと、嘘はよくないよね、と思っておきます。


まぁ、当たり障りの無いツッコミを入れるあたりに苦労が出ている感じですかw

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。