FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムソンズ

<概要>
北海道、常呂町。刺激のない日常に退屈していた高校生・伊藤和子が
ひょんなことから全く未体験であるカーリングのチーム「シムソンズ」を結成する羽目に。
同級生との友情・衝突・恋愛を織り込んだハートウォーミングストーリー。

<配役>
伊藤和子・・・加藤ローサ、尾中美希・・・藤井美菜、小野菜摘・・・高橋真唯
林田史江・・・星井七瀬 (以上、カーリングチームを作る4人)

加藤真人・・・田中圭(和子憧れのカーリング選手)
大宮平太・・・大泉洋(元カーリング常呂町代表、シムソンズのコーチ)
高松康文・・・松重豊(シムソンズを追うディレクター)
本島則之・・・高田延彦(喫茶「しゃべりたい」のマスター)
小野昌和・・・徳井優(菜摘の父)
伊藤佳子・・・森下愛子(洋服店を切り盛りする和子の母)
石上保・・・夏八木勲(平太のコーチ)

<感想>
正直によかった。2時間5分という長さが全く感じなかった。
カーリング場での選手の吐く息や氷の白色を基調にした固い風景と、
日常を映すときの常呂町の雄大な自然の対比のメリハリが良かった。
そこに懐メロのジュディマリが流れて歌詞が沁みに沁みました。

4人に関して言えば、加藤ローサが凄く可愛い、あいくるしい。(超個人的意見ですが)
高橋真唯の端整な顔立ちも相変わらずで、星井七瀬も演技にソツがなかった。
そして、藤井美菜は「ツンデレ」役を上手くこなしていて、最後の笑顔はやばかった。
「ツンデレ」フェチは絶対に見るべきですよ。

北海道といえば…の大泉洋も、道産子の風をまといつつ巧かったと思う。
脇役も、松重豊・夏八木勲・森下愛子・・・味のある役者がよかったなぁ。
そして高田延彦…喫茶のマスターが似合いすぎですよw

何よりこの映画の素晴らしい点がこれが「実話」だということ。

今の日本代表に名を連ねる、小野寺・林、両選手はシムソンズの一員でした。
唯一の経験者である美希の「あの台詞」はもう何というかサイコーでしたよ!!

カーリングを知らない人の為に、上手い導入部が作られていたのも○。
製作総指揮を務めた榊原氏(Prideのプロデューサー)は「魅せる」ツボを心得ていて、
(おそらく)低予算で本当に良い映画を作ったなと思います。

トリノ五輪で接戦・頭脳線の醍醐味があり、かなり盛り上がったカーリング、
この映画と共に更に盛り上がってほしいです。

こんな感じです。この感動を拙著で伝えられればいいのですが。
是非見に行くorDVDを借りてみてみる事をお奨めしたい一作でした。

DVD即買い決定なisi-oka でした。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。